バンドスプレッド付きの鉱石ラジオ 「利根」 完成品


新製品
バンドスプレッド付きの鉱石ラジオ 「利根」 完成品!
全国ゆうパック送料無料!
¥35000
レトロな雰囲気、焼板の筺体に組み込んだバンドスプレッド付きの鉱石ラジオ 「利根」の完成品です。
正面と背面の中央には、折鶴の形の窓が開けられ、京風の千代紙を張り付けてあります。
筺体自体は古いものですが、鉱石ラジオには大変マッチしていると思って組み込んでみました。
この商品は鉱石ラジオという名称ですが、実際に鉱石を使った検波方式ではなく、透明アクリルに通常の2倍もある大きさのゲルマニウムダイオード(松下OA70)を封入した見応えのある美しい検波器で感度良く安定して受信します。
昔から通信機や高級な受信機には不可欠なバンドスプレッドですが、鉱石ラジオに搭載してみました。
コイルは、豪華で美しいバスケットコイルを搭載、線径0.5mmのカラーUEWを使っていますので、とても綺麗です。
5タップを出してアルプスのY型のロータリースイッチで切り替えて混信なく聞けるよう、工夫してあります。
但し、第一タップを4周目(巻き回数16回)より取り出していますが、受信周波数が高い為にラジオ放送を受信出来ていません。
関東地区など、高い周波数で放送している地域では受信可能だと思いますが、保証するものではありませんので、この点ご了承いただきたいと思います。
インダクタンスは約386μH、その受信音量から高感度のコイルであることが実感できます。
コイルのリード線は、懐かしいエンパイヤチューブで保護してあります。
負荷抵抗は、懐かしいP型の1MΩと100pFのマイカコンデンサーを使用。
中央のつまみが、バンドスプレッドのつまみです。汎用のポリバリコンとセラミックコンデンサーの組み合わせで、適度なスプレッド幅にしています。
メインチューニングには、アルプスの単連エアバリコンC613Aの未使用品を使用しています。
三つのつまみは、昭和初期のつまみから製作したレプリカになります。
 可愛い方位磁石は、放送局の方角を特定したり、なんとなく楽しいアイテムです。
付属品は、中古品になりますが貴重なハイインピーダンスの両耳レシーバーが付属します。
年月を経たレシーバーですから、多少のスリ傷などがあることをご理解ください。
その他、アンテナ用ビニール線8mが付属します。
手造りの鉱石ラジオですから、ノークレーム、返品不可でお願いします。
鉱石ラジオの大きさ:約280×150×高さ125mm



※鉱石ラジオは、微弱な電波のエネルギーだけで聞くラジオですから、地域によって聞こえ方が違います。適切なアンテナとアースを工夫しながらお楽しみください。

★完成品コーナーのご注文は、Eメールにて在庫をご確認のうえご注文ください。
売り切れの際はご容赦ください。

sasuke@io.ocn.ne.jp

もどる   トップへ